スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2016年11月23日

P226 Enhanced Elite (続)

SIGSAUER P226 E2をEnhanced Elite仕様へカスタムしている続きです。今回で完成しました。

まずは完成画像。




次に加工中画像。


フライス盤にてセレーション追加時。


セレーションの幅、深さ、角度、間隔はスライド後方のものと同じになっています。


セレーションの切削痕がどうしてもテカってしまいます。


この切削痕、今後の課題です。塗装無しで解決する方法を考えます。

前回ビーバーテールをつけたフレームの塗装は作業画像がありません。両手がふさがりますからね。

なので、塗装完了•組み立て後のビーバーテール接写画像です。


塗料はGUN SHOP インディのブラックパーカー。


塗装したのは上画像で見えているビーバーテールを含むフレーム後端だけです。


後端のみの塗装としたのは、純正の塗膜のほうが耐久性があるためです。塗膜違いの境い目がわからないように、マスキングを工夫して塗装しました。


ハンマーをコッキングするとこんな感じ。


ビーバーテール上からです。ほんの少し右に歪んでます。わかる方は正常です。塗装前は歪んでないように見えたのですが。

ビーバーテールの追加はかなり難しいです。もう少し控えめなビーバーテールを試してからのほうが良かったかも。
この P226 Legion ぐらいので。

Enhanced Eliteと比較すると控えめ具合がわかると思います。


あとは、別アングル画像で。









こんな仕上がりですが、オークションに出品します!
売れなきゃ、サバゲに行けないです!


  


Posted by 加工 ユタカ at 21:57Comments(11)P226

2016年11月13日

P226 Enhanced Elite

久々の更新です

今回はSIGSAUER P226 E2をEnhanced Elite仕様にカスタムします。

ベースは東京マルイ シグザウエル P226 E2 中古品です。






アウターバレルのチャンバー上面に擦り傷がある程度の綺麗な個体です。

そして、Enhanced Eliteがこちら


スライドの刻印はまだ真似る技術がないのでそのままで、ビーバーテールの追加とスライド前方のセレーション追加をします。

まずは全バラして、グリップフレームにビーバーテールの追加をします。
自動車鈑金用のパテを盛ったあと、フライス盤やヤスリを使用し整形すること約5時間。


見比べるとだいぶ形状がちがう…


雰囲気は出てるかと…

シンメトリーになってはいる…

とりあえず、ハンマーとフレームの間に手を挟むハンマーバイトは防げるはずなので、良しとします。

あとはフレームの塗装とスライドのセレーション追加ですが、一休み…  


Posted by 加工 ユタカ at 21:49Comments(0)

2016年07月15日

Kimber BP Ten II

今回はKimber BP Ten IIをモチーフにKJ worksが製品化したガスブローバックエアガン
1911 Hi-Capaをカスタムしてみました。
(モデル名等が間違えてたらご指摘ください)



自身の所有するのはヘビーウェイト樹脂スライドバージョンでフラッシュライトがセットになった物です。他にはABS樹脂スライドバージョンがあります。



購入したのが中古品ですので、すでにカスタムされているかもしれません。リコイルスプリングガイドが延長されています。
(Kimber BP Ten II はガイドが延長されているタイプのようです)





以上が手を加える前の状態です。
今回は、フロントサイトに集光アクリルを入れてフラッシュサイトにするのと、スライドの質感向上のために磨きをしてみました。

まずはフロントサイト



夢中になって作業しているので、途中の画像無しで、いきなり完成です。
純正のホワイトマーキングも見にくいわけではないのですが、フラッシュサイトにしたほうがかっこいいですからね。ほぼ、この理由だけです。



カスタムパーツで販売されているフラッシュサイトを取り付けても良いのでしょうが、純正加工品のほうが取り付けがしっかりできるのでこちらが好みです。

集光アクリルは1.6㎜径、1.7㎜のドリルで穴を開けたフロントサイトに接着剤で固定しています。フロントサイト上面はボールエンドミル(刃先が丸い物)で開けた穴にとどくように溝をほってあります。

続いてスライドですが、こちらも途中画像無しでいきなり完成です。


わかりにくいと思いますので、加工前↓


加工前は艶なしの黒、加工後は艶ありのグレーになってます。撮影の光の具合はほぼ同じにしてますので、変化はあるはずです。

ヘビーウェイト樹脂は、ABS樹脂に金属粉を混ぜ大幅に比重をあげたものらしいです。(詳しくはネットで検索してみてください)
金属粉が含まれいる為、切削や研磨をすると銀色に輝きます。金属による切削はほぼ銀色に、研磨では使用する磨材によって色味が異なります。

今回は耐水ペーパー#1000で水研ぎ、#1500で水研ぎ、#2000で空研ぎ、#3000のスポンジ研磨材で空研ぎ、ワックスと研磨材入りのプラ磨きクロスで仕上げをしました。純正はコーティングや染め加工をされているらしく、今回の作業でそれらがなくなってしまいました。よって、時間が経つにつれ金属粉の酸化が始まり黒く変色するかもしれないです。それも含めての実験的カスタムとしました。カスタムの依頼がきましたのでしばらく放置して、また変化を報告いたします。

ちなみに、マルイのスライドアッセンブリは小加工で使用できます。



  


Posted by 加工 ユタカ at 20:25Comments(0)1911 カスタム

2016年07月08日

GLOCK 19 SAI tier1 #1

自身のセカンダリーとして使用中のG19です。

KJ works G19がベースです。

















外装で使用されているメタルパーツはSAIタイプのアジャスタブルアルミトリガー、エクステンデッドスライドストップ、純正のリアサイトで、他は樹脂パーツを加工してあります。

スライドはSAI tier1カスタムを手本に自身用にアレンジされてます。フロントのセレーションの数、サイドのホールの位置やえぐり(かっこいい言い方がわからず…)などが異なります。

グリップフレームも自身の小さい手に合わせステップリングの範囲が変更されています。グリップフォースアダプタは握り易さが犠牲になりますが、グリップアングルが1911系に近きます。

この個体は自身用であり、カスタムの練習、作動性能の向上を目的としたテストを行ってます。  


Posted by 加工 ユタカ at 08:15Comments(2)

2016年06月29日

GLOCK 34 SAI tier3 #1

東京マルイ G34がベースです。



















スライドのコーナーをカットするだけで、だいぶ雰囲気変わります。グリップフレームも手間がかかると、雰囲気変わりますが、なにより握り易さが変わるので、撃っている時も上手くなった気がします。
  


Posted by 加工 ユタカ at 13:37Comments(0)G34 カスタム

2016年06月28日

苦手ですが、始めてみました

ブログなんてしたことないし、

メールやSNSもかなりにがて。

いつまで、続けられるかわからないが、

やってみよ〜



ほうほう、こうするのか…





ネットオークションに出品中の
グロック G34 SAI tier3

小型のフライス盤を使用してスライドの加工なんかをやってます

今後は、加工中の画像もつけようかと思います。
  


Posted by 加工 ユタカ at 11:40Comments(0)